私達は、子ども達の希望になっているだろうか

まだまだ子ども・・・なんて思っていたら、大間違い!!

と思ったことはありませんか?

 

 

 

子ども達が初めて親元から離れて
集団の中に入っていくのは
保育園や幼稚園といった施設が多いでしょう

 

園では、先生という両親とは違った大人と
子ども同士の社会の中で
多くのことを学びはじめます

 

そして小学校、中学校と
さらに大きく飛躍、成長をしていきます

 

まだまだ子ども・・・なんて思っていたら、大間違い!!
げっ!なにその視点は?
うぎゃー、適当なことは言えないな~!

などと、冷や汗かくようなことはありませんか?

 

子ども達は、とても冷静に大人を観察し
純粋なこころで、しっかりと物事を捉えていることに
私達は驚きとともに、寂しさを覚えたりもします

 

たとえ自分の子どもではなくても
彼らのキラキラとした目、そして魂は
いつだって私達に幸せな気持ちと
そして多くの学びを与えてくれます

 

転んでも転んでも
歩けるようになるまで起き上がるように
小さければ小さい子どもほど
その失敗を恐れない
勇気と好奇心に感動させられます

 

私達も、そんな子ども達に
感謝の気持ちで
幸せを注いでいきたいですね

 

まずは大人が元気に幸せを感じていきましょう

 

どうにもできないことに捕らわれ
愚痴をこぼすのではなく
誰かや何かに振り回されるのではなく

 

あんな素敵な大人になりたいな
大人って楽しそうだな
大人も弱いところがあるんだな
大人でも泣いていいんだな
日本人で良かったな

 

キラキラした魂たちがそう思える
そんな私達になりたいですね

 

いま、私に、何ができるだろう
いま、私は、幸せだろうか
いま、私は、私の人生を生きているだろうか

 

そんな風に内省しながら・・・

徒然

Posted by やぐちくみこ