ご質問への回答:「引き寄せの際に怖れや不安があると、それが実現しちゃうなら、どうすればいいのか?」

「希望や願いがあっても恐れがバックにあると、マイナスを引き寄せてしまう、と聞きました。負を引き寄せてしまうとどうなるのか。事故や怪我も引き寄せの結果なのか知りたい。luckyを引き寄せるにはどうすればよいのでしょうか?」

 

引き寄せの前に、あなたに必要なのは『幸せを感じるイメージ法』も参考にしてみてくださいね。

 

潜在意識にある願いが叶っている

 

私達は頭で、顕在意識で一生懸命、こうなりたい、と思って頑張るのですが、意識の9割り以上を締める潜在意識(無意識)にはどうしてもかないません。なので、いま目の前にある現実は、あなたが本当に望んでいることが叶っている状態だと思ってください。

あなたが潜在的に思っていること = 無意識に行っている、ということです。自覚がないのです。習慣です。プログラミングされたものです。

たとえば、、何かが起こって不安になった時、かつての私の例でいうと

大きな男の人の声を聞く ⇒ 怖い ⇒ 不安になる、落ち着かない、カラダが震える ⇒ 戦闘体勢で構える、あるいは、その場から逃げたい、逃げる、戦う

いつもこんな状態でした。

『怖い辛い不安だから安心したい』というのは恐れからの欲求、望みです。

「安心したい」というのは、いまその状態ではないということ。意識は常に『怖い、辛い、不安』に向いているので、不安な状況が引き寄せられる、ということです。

実際、長い間、私は男性との間で、これに苦しみました。

 

では純粋に『安心したい』世界を実現するには、どうしたらいいのか。2通りあります。

 

いま、先に体感すること

 

1つ目は、いますぐに『安心すること』です。

「いや、安心できないから、困ってるんだよ!」って怒られそうですが、読み進めてください^^

私達のこころとカラダは繋がっています。あなたには『安心を感じた経験』が過去にあり、それ知っています。だからその安心感を再度味わいたいと思えるのです。これを感じたのはカラダ(身体)です。カラダが味わっていたので、それを思い出してゆきます。

それがどんな時だったのかをよ〜く思い出してみましょう。もしかすると、お母さんやお父さんに抱きしめてもらった時かもしれない、大好きな人達と一緒に過ごしているときかもしれない、家族で楽しく食卓を囲んでいた空間で感じていたのかもしれません。

目を閉じて、その時のシチュエーションをありありとイメージして、自分がいまそこにいると思ってください。まずカラダを安心の状態にしてあげます。

 

 

その状態をカラダに埋め込む(アンカリング)

 

ありありと体感できたら、更にこんなことを試してみてください。
カラダが安心の状態に包まれているのを充分に感じたまま、カラダのどこか、癖で普段は触れないところに、その感覚を埋め込むように触れてゆきます。カラダの一部にインストールするのです。

そして、ちょっとカラダをブラブラと動かして、また目を閉じ、深い呼吸をしてから、いま埋め込んだところを触れてみます。そしてすぐに安心感が味わえるかどうか確認します。不安になった時に、いつでもどこでも、そこに触れれば安心感が得られるようなイメージです。

すぐにそれを感じられなければ、また安心感を感じるイメージをして、インストール。また一旦カラダを動かして、その状態から離れてみる。そして、またインストールした部分に触れてみる。

 

触れてすぐに感覚を感じられるまで何度も繰り返します。これはアンカリングという心理セラピーのスキルのひとつです。LPTセラピスト養成講座ハートケアレッスンでは、何度もこのイメージングの練習を行います。

 

 

潜在意識の古いプログラム(インナーチャイルド)を癒す

 

もう一つ、上で説明したように思い出そうとしても、ご自身で体感できない場合は、潜在意識が抵抗しているので、セラピストのサポートが必要でしょう。

不安や恐れに意識を向けてしまう古いプログラム(インナーチャイルド)を癒し、書き換えることです。怖さや緊張も、カラダが味わっているので、それを解放してゆくのです。
そして、セラピーでカラダが安心な状態とはどんなものかを体感してください。

 

カラダが安心すると、こころも安心し始めます。

上記2つの方法のいずれかで、カラダが安心を味わっている状態が作れるようになると、こころも安心します。こころとカラダは繋がっているからですね。

意識的に心身ともに安心を選択している状態を作ってゆきます。不安を感じるたびに、その状態に入ってゆく習慣をつけてゆく。するといつしか習慣化されます。習慣化とは無意識の状態です。無意識にあるプログラムが勝手に動き始めるので、安心が引き寄せられてゆきます。

 

過去の執着からあなたを解放してあげましょう

 

目の前の現実が、潜在意識にあるプログラムの反映です。ということは、やはりあなたが選んでいるんです。そんなことはない、と怒りたくなる気持ちはわかりますけどもね^^;

過去にあんなことがあったから、今度もそうなるかもしれない、という恐れに意識を向けていれば、そこにエネルギーが流れ、どんどん大きくなり、そのエネルギーが現実に引き寄せてくるんです。いたってシンプルな法則です。

 

あの人にこんな風にされたから、あの人がこうしたから、あの人の所為で・・・と、被害者で居続け、過去に執着していることも同じです。そこに被害者で居続ければ、また別の加害者を引き寄せます。だからまたイヤな思いをするんですよ・・・。繰り返すんです、ずっと・・・イヤでしょう? なので、そんな負のループは、さっさと手放してしまうことです。過去のイヤなアイツと戦っても、なにひとつ良いことはありません。

 

あなたが思い描く、そのラッキーな未来のある地点に、自分を立たせてみた時、現在地点で右往左往しているあなたを見て、どう感じるでしょう。どうすべきなのか、何を選択したから、その位置に立てたのか、未来から今の現在地にいるあなたに、声をかけてあげてください。(これはタイムラインというセラピーのひとつのスキルです。)

 

 

まとめ

 

「引き寄せの際に怖れや不安があると、それが実現しちゃうなら、どうすればいいのか?」のまとめです。

まず先に望む状態を感じ習慣にすること。それがご自身で難しいなら、過去の古いプログラム(インナーチャイルド)を癒したり、イメージワークのセラピーなどを受けてみることです。

安心の感覚と同じく、怒り、恐れ、不安なども、すべてカラダに緊張として記憶されています。ネガティブな感情が多いなら、カラダはカチカチになっているかもしれません。なので、まずカラダを緩めてあげてください。呼吸法でも軽いストレッチでも良いです。

 

過去を手放す、被害者意識をやめるという覚悟ができたら、こころとカラダを同時に緩んで解放させ、未来からのメッセージを受け取るLPTのセラピーは、一番おススメです^^


◆ あなたが38歳過ぎた女性なら・・・ 40代からのユルユル女性論ブログ⇒
◆ ワークシート 無料ダウンロード
イライラモヤモヤした時に、紙(神)に書き出してスッキリしてゆく『LPT自分コミュニケーションワークシート』を無料配布しています。利用方法なども詳しく説明しています→

このブログの読者になる!

メールアドレスを記入して登録すると、新しい投稿のお知らせをメールで受信できます。