子どもは簡単に「スプーンを曲げる!」な2019年でした

2019年が終わりますね。

今年は、まったくブログも書けず、とても忙しくさせていただきました。

講師のお仕事では、いよいよPTAで「スプーン曲げで固定観念を壊しちゃおう」という講座をさせていただきました。

校長先生(女性)、PTA会長(男性)さんも参加され、また、おひとりだけお子さま(男の子)もいて、実に素晴らしい例題となってくださいました!

お子さまは、説明している最中に、「でけた」と、あっさりスプーンを曲げ、校長先生もあっという間。PTA会長さんは最後の最後まで苦戦しておりました(笑)

思い込み、固定観念が少ない子どもは、意図も簡単にスプーンを曲げます。一番、曲げるのが難しいのが、大人の男性(笑)

っていうと、これも思い込みになるので、お気をつけあそばせ♪

 

さて、この講座、ワークショップでは、皆さま「スプーンを曲げること」を目的に来られる方が多いのですが、終わってから「スプーンが曲がって嬉しかった」などという感想は、実はほとんどないんです。中には曲げられてホッとした、というご感想はありますけどね。

今回も20数枚のご感想をいただきましたが、「スプーン」という単語が入っていたのは、2名のみでした。

不思議でしょう?

タイトルにもあるように、スプーン曲げが目的ではないからですね。ゴールは、「固定観念を壊すこと」だからです。

 

10月の安全大会の講演は、横浜では初めての開催でした。

 

この2年間、結婚相談所ツヴァイさんから始まり、兵庫県川西市の女性起業塾で終わっていて、来年も今の所、ツヴァイさんからスタート予定です。

女性起業塾では、目的、目標、手段、ビジョン、理念、ミッションなどなどのお話もさせてもらうのですが、ちょうど年末に差し掛かり、私自身も次の年に向け見直す良い機会になっています。

もちろん毎年、見直してはいるのですが、これから起業される女性たちにお話ししながらも、自分自身にも改めて喝を入れてる感じや、初心を思い出し、軸が整ってゆく、とても有り難い機会をいただいています。

 

そして心やカラダがラクになることをお伝えさせていただくのは、本当に嬉しいです。

ひとりでも多くの人が、自分の人生を楽しんでゆけるよう、これからもサポートさせていただければ幸いです。

 

いよいよオリンピックが開催され、新しい時代が始まりそうな2020年。

良いお年をお迎えください。