ガマンの先には絶望が、辛抱には希望が見える

 

カウンセリングの場で

「何か、ガマンしていることはありませんか?」と聞いても

「うーん、特にありません」

そしてセラピーの後に

「これってガマンだったんですね?!」

と、ビックリされて、私がビックリしちゃうんですが^^;

ガマンしていることに気づいていない人が多いな、と感じます

私達は、体調を崩して、「そういえば・・・」と振り返り
自分のそれまでの頑張りやガマンしていたことに
ようやく気づくことがありますね

 

その後、力を抜けるようになれば良いのですが
 元気になると、また同じことを繰り返しちゃうなら要注意です 

繰り返しにより、カラダもこころも疲弊して
いずれ、大病やこころの病にもなりかねません

普段から、いつもイライラしがちだったり
何かに追われるような感覚で頑張ってしまう癖があるなら
ストレスはかなり大きくなっているかもしれません

なんのストレスかというと
 あなたが自分自身をこき使っている ストレスです^^;

しょうがないな、と諦める
私がやるしかない、と頑張り続ける
私がここでおとなしくしていれば、とグッと飲み込む

ぜーんぶ、ガマンですね
これがストレスのもと

 

 

さて、あなたはガマンと辛抱の違い、ご存知ですか?

 ガマンは相手目線で自分の行動を決めています 

仕事だから、付き合いだから、家族なんだし・・・と
自分の気持ちを抑え、他者に合わせた受け身的な感じです

また、
これだけやってるんだから、ガマンして頑張ってるんだから
と『期待(見返り)』が含まれている時(無意識かも)

それが報われない時に絶望するわけです^^;

ちっとも感謝されない、認められない、という気持ちになり
そのたびに、イライラモヤモヤを抱えやすいのです

 

 辛抱は、逆で、自主的、能動的です 

自分がしたくて誰かのために(見返りは求めない状態)や
ここを頑張っておけば、など
自分から、その先を目指して努力したりする感じ
ここで、一時、頑張った先には・・・という『希望』が含まれます

私達は、 希望が見えると、健全な頑張り方ができます 

あなたはガマンと辛抱、どちらが多いですか?

私たちは小さい頃から、親や先生、身近なオトナから
「ガマンしなさい!」という言葉を投げかけられ育ってきました

頭ごなしに、抑制されるのが、常になっています
そして自分で自分にも同じようにするんです、無意識に・・・

これが習慣です

「自分のことばかり考えてないで、もっと人のことを考えなさい!」

そう言われ

自分のことを考えることは我儘でいけないこと
自分を優先するのは悪いこと

と思い込んでいるのです

ですが、それは本当でしょうか?

その結果として、イライラしたり
なんだかうまくいかなかったり、体調まで崩しているのに・・・

私たちはもうオトナです
自分で選んでいいんですよ

「ガマン」から「辛抱」へシフトする生き方を目指しませんか?

その方がきっと、あなたは心地良くラクに生きれるはずです

まず、報われない感覚があったり
イライラしやすいな、と思ったら

自分はどんなガマンをしているのかな
と、気づいてあげましょう

そして、そんな自分に労いの言葉をかけてあげましょう

そして、少しずつ、このガマン、頑張りは
もういらないよねと、やめてみましょう

頭ではわかっていても、なかなかやめられないなら
そこには、強いこころの癖(不要なプログラム)があるのかもしれません

そんな時は、こころの専門家(←私ね^^)を頼るのもひとつの手です

 

LPTでは潜在意識に直接アクセスし、今は不要となった
こころの癖=プログラムを書き換えるサポートを行っています


◆ LINE@ 友だち追加 抽選イベント開催中です♪
下記ボタンか、「 @lcu4636c 」を友だち検索して追加してください。友だち追加

◆ ワークシート 無料ダウンロード
イライラモヤモヤした時に、紙(神)に書き出してスッキリしてゆく『LPT自分コミュニケーションワークシート』を無料配布しています。利用方法なども詳しく説明しています→

このブログの読者になる

メールアドレスを記入して登録すると、新しい投稿のお知らせをメールで受信できます。