『真面目』『ちゃんと』に偏り過ぎて、こころのバランスが崩れたらすべきこと

2017年6月11日

 

私たち日本人は、とっても真面目な人種ですよね。駅のホームで、ちゃんと並んだり、順番を守る、規則正しい・・・世界からすると、驚くべき人種のようです^^

それは、さておき・・・この『真面目さ』も度を過ぎれば、私達はこころもカラダもバランスを崩してしまいます。

 

あなたは、自分を他者をこのように思うことはありませんか?

・まだまだ頑張りが足らないんだ
・このくらいのことで休んではダメだ
・私(あなた)がやらなければならない
・みんなに比べたら、単なる私(あなた)のわがまま、甘えだ

 

 

私達は、小さい頃から「ガマンが当たり前」を教育されてきましたが、それは親の世代、更に上の世代の時代背景では成り立っていたこと。ですが現在の日本で、そのままの価値観では、とても生き辛い環境になっています。

 

それを象徴するかのように、学校でも職場でも、今では大人も子どもも関係なく、不登校や出勤拒否、◯◯イジメ、適応障害の状態が溢れていますよね。

『真面目』『ちゃんと』に偏り過ぎて、バランスが崩れているのです。そして、ひとりで頑張っちゃうひと達が増えているのは、「容易に人に手助けを求めてはいけない」「そんな環境はない」と思い込んでるからなのかもしれません。

 

『女性とは、母親とは、妻とは、嫁とは、こうでなけらばならない、こうするべき』

私達は、育った環境によって、いろいろな価値観を植え付けられ、あるいは自分で無意識に付け加え、自分基準として、ねばべきルールを作ってきています。

これが『固定観念』です。

頑張らなくていい、とか、わがまま放題でいい、ではなくて、頑張るときも必要だし、ガマン、辛抱するときも必要。

ですが・・・

あなたが、もし、しんどくて、こころやカラダが悲鳴をあげてるなら、その頑張りや、ガマンに対して、改めて、見直してみてください。

  1. 誰かが喜ぶことが、あなたの喜びで、幸せなら ◯マル です。
  2. 誰かが喜んでも、あなたのこころがカラカラで、あなたがハッピーでなければ、それは『犠牲』です。
  3. 頑張ってるのに、ちっとも相手は喜ばないし、やってもやっても認めてくれない、報われないという感覚なら、それは『見返り』を求めている状態です。

2や3の場合、それらはどんな目的があって、誰のためにしているのでしょう。ここに、こころの癖が隠れているんですね。

 

あなたは『真面目』『ちゃんと』に偏り過ぎていませんか?

最近、ちゃんと笑えていますか?

がんじがらめになっている自分をそろそろ解放してあげましょう!

固定観念でがんじがらめになってると、他者とのコミュニケーションで、自分の正しさで勝負しがちです。人間関係の悩みは、固定観念が元になっていることがほとんどなんです。

気づくポイントは、3DB言葉(だって、でも、どうせ、べつに)を使っている時、そしてイライラモヤモヤしている時です。

そこに、あなたが身に付けてきた『ねばべきルール』、固定観念が隠れています。一人ではなかなか難しい、わからない時は、カウンセリングなどを利用してみてください。

 

 


◆ 無料ダウンロード:LPT自分コミュニケーションワークシート
イライラモヤモヤした時に、紙(神)に書き出してスッキリしてゆく『LPT自分コミュニケーションワークシート』を無料配布しています。利用方法なども詳しく説明しています→

※自分コミュニケーションワークシートを使って自分の固定観念に気づいて解放してゆく講座を不定期で開催しています。次回は、2018年6月以降に横浜でコミュニケーション講座を予定しています。LINE@あるいはメールレターで開催情報を受け取ってください。