愛されるあなたになるためのシンプルで簡単な方法:1

2017年7月25日

約2年間、配信してきた『自分を満たし大事にする7ステップ無料メール講座』ですが、新規のご登録を終了しました。以前の5日間のステップメール同様、内容をバージョンアップしてPDF化し、配布する予定です。ちょっと先になりますが、楽しみにお待ちくださいね。

この無料メール講座は、「自分を大切にすること、満たすことって、よく見聞きするけど、実際どうすればいいの?」ということで、7つのステップでお伝えしていた講座なのですが、今日は関連して、『愛されるあなたになるため』に、とてもシンプルで簡単なひとつの方法をお伝えします。

 

 

本当に愛されたいのは、他者からではなく、あなた自身から

 

この『愛されるあなたになるため』というタイトルから、そうなりたい!と思って、この記事を読みにいらしたあなたは、まさに誰かに『愛されたい』と思っているのだと思いますが・・・ズバリ言ってしまうと・・・

『愛されたい』と願う人ほど、誰かに何かを差し出していたりするものです。それは、『与えている』という行為ではなく『自己犠牲』です。

そんなあなたが本当に愛されたいのは、あなた自身からなのです。

『何かを差し出さなければ愛されない私』という自己価値の低いセルフイメージを持っている、錯覚を起こしている自分(インナーチャイルド)に気づいてあげましょう。そして自分を愛してあげましょう。

そのために、セラピーでインナーチャイルドワークを行い、その後もセルフケアを行うのが一番手っ取り早いのですが、普段の生活の中で、一番簡単にできることは・・・

あなた自身のために、あなたの一日を創造してゆくことです。

では、どうやって創造してゆけばいいのでしょう?

 

自分に、許可を与える

 

あなたは一日のうちに、『これだけは外したくないこと、大事な時間、大切なこと』ってありますか?

あるなら、それを毎日、やってますか? ないなら、これからやってみてくださいね。

例えば、バスタイムに時間をとる、今日の自分の顔をじっくり見て、お化粧の時間をとる、朝食の時間を大切する、趣味や勉強、読書の時間など。

その時間を作るには、工夫が必要になるでしょう。あるいは、何かを削るとか、調整が必要でしょう。ですが、大切なあなたのためです。

もしあなたが今、小さいお子さんを育てているとしたら、なかなかそうもいかない、と感じるかもしれません。ですが、そんなあなたにこそ、実は必要です。ぜひ自分の好きなこと、大事にしたいこと、あるいは無になる時間でも良いです。

『5分』でいいから、自分の時間を自分のために作ること、そして、その時間を捻出するために、誰かの助けが必要なら、頼ってください。ひとりで頑張っちゃう女(離婚前の私はそうでした)なんて可愛くないです。あなたは、助けなくても大丈夫だね、って思われちゃいます^^

こうやって、自分に許可を与えること、与えることができるかどうかがとても大切です。

 

私の体験は『役割のない自分を味わうこと』

 

これは、私の経験です。かつて会社勤めしていた頃の私は、朝、出社前にカフェでコーヒーを飲む10分間というものを自分に与えていました。離婚後、プログラマー時代からずっとなので、約15年間ほどでしょうか。(今、思えば15年間って、すごいなと思いますけど^^)

なぜ、その時間が大切だったのかというと、朝、自宅を出て、会社に入る前に、母親でも会社員でもない、何の役割も持たない「自分」を味わう時間だったのです。大好きなコーヒーと煙草で至福の一服タイムです^^(煙草はコッソリやめました)

『コーヒーと煙草で一服タイム』なんて時間は、もちろん自宅でも会社でも取れるんですが、その空間とその時間では、私に役割がくっついているんですね。仕事が終わってからの『飲み』の場でもダメなんです。

『朝、カフェで、誰も知らない人がいる空間で、ひとりで過ごす10分間』

ここに意味があったんですね。

そのために、早起きして、早めの電車に乗っていました。何があるかわからないから、時間に余裕を持って通勤していたのではなく、この10分間のために早起きしてました。一時期は、朝、英語の勉強のために、さらに1時間早起き。

すると、どうしたって早く寝なくちゃならない。19〜20時頃に帰宅して、夕飯作って、片付けや洗濯、入浴など、あっという間に23時。そして朝5時には起きて勉強し、身支度し朝食を済ませ、6時台に自宅を出てました。そして会社の近くの駅に、8時過ぎには着いてカフェに入る。(今思うと、とても健康的でしたね^^)

こうやって、時間を作り出すために、自分の他の時間を調整する、その時にやらなくても良いことはやらないという選択をしてゆくこと、子どもにできる家事は手伝ってもらう。それを『自分に許可』していました。

自分で自分を満たすことで、たとえばイヤな出来事があっても折り合いをつける余裕があったし(息子が不登校でフレックス出社してた時期も、時間帯はズレてましたけど、必ずこの10分は作ってました)、なんだかんだと、いろんな人から愛されていたと実感しています。

恋愛でいえば、『彼』に困ることもありませんでした。もちろん内容的には、その時々で課題はあるのですが(笑)。もちろん対象がいない期間も、寂しさも焦ることも一切なく、自分自身がとても充実していました。

 

自分の時間を作ることは自分を愛すること

 

さて、もう一度聞きますね。

あなたは、何にも代え難い自分自身のために、大切なこと、を優先できていますか?

『自分のために、自分の時間を自分でつくる』ことは、自分を愛することです。シンプルで、簡単に自分の意志でできる方法の1つです。

まずは、

  • 自分の好きなこと、大切なこと、無になる時間など、毎日やりたいことを見つける。
  • 時間を捻出する。必要があれば、その時間を作るために誰かに頼る。
  • 自分に許可を与える。

をやってゆきましょう!自分を愛せるようになると、あなたは何の努力をしなくても、他者から愛されるあなたになっています。

 

自分に与えることを許可できなかったり、自分を愛することがどうしても難しいという人は、セラピーでインナーチャイルドを癒し、潜在意識にあるプログラムを書き換えてゆきましょう。気軽にご相談くださいね

 


◆ 和みのお手当て モニター募集中! 詳細はこちらから⇒
◆ あなたが40歳過ぎた女性なら・・・ 40代からのユルユル女性論ブログ⇒
◆ ワークシート 無料ダウンロード
イライラモヤモヤした時に、紙(神)に書き出してスッキリしてゆく『LPT自分コミュニケーションワークシート』を無料配布しています。利用方法なども詳しく説明しています→

このブログの読者になる!

メールアドレスを記入して登録すると、新しい投稿のお知らせをメールで受信できます。