あなたが幸せだと、あなたの大事なひとは、世界は、もっとハッピーになるんだ

2017年4月28日

『こころのしくみ』というものをひとりでも多くのひとに知って欲しい…と、私はHPやブログ、メルマガなどで情報発信しています。

なぜなら、私の実体験からも、あなた自身がより良い状態でいること、幸せであることが、あなたの大切な人、家族にとっての幸せであり、社会貢献にまで繋がるからです。

だから、『こんな私なんて』と自分を諦めないで欲しいのです。
たったひとりのあなたは、とてもとても大きく大切な存在なのです。

こころとカラダは繋がっている

みなさんもよくご存知の通り、転職理由のナンバーワンが職場の人間関係の問題です。こころの病と言われるものに大きな影響を与えているのも、ほぼ人間関係です。これが今の私たちを取り巻く現代社会なんですね。

なので家庭でも職場でも、コミュニケーションが希薄なった現代においては、人間関係を円滑にし、日々のストレス要因を取り除くことが、とても大切なんです。

こころとカラダは密接に繋がっていて、体調不良は「こころからのメッセージ」であることが意外にも多いのですね。

たとえば、わかりやすいのが子ども達。緊張するようなイベントごとや本当は嫌だな、と思っている行事の前になると「お腹が痛い」と言い出したり、お母さんがお出かけする前になると、急に熱を出したりというのはよくあることです。

ストレスや不安などをカラダを通して表現しているのです。

「こころ」というのは奥が深く、そして、擦り傷のように目に見えないから、私たちはついつい、おざなりに扱いがち・・・というよりも、「知らない」。

自分のために生きる

また「他の人に比べたら、このくらいの悩み・・・」と、独りで問題を抱え、ガマンを美徳とする文化の私達多くの日本人は、思考で抑えてしまいがちです。そして自分を責めてしまう。自分責めは、こころにとって毒でしかありません。

日本女性の多くは親の世代から価値観を引き継ぎ、『誰かのために』が過剰過ぎてバランスを失い、その結果、生き辛かったり、諦めたり、常に不満を抱えイライラしています。

まず「自分に気づく」「ガマンをやめる」「自分自身を大切にする」そして、あなたの人生をあなたのために生きることです。

そんなことはわかっているけど、それがなかなかできない、知らない間にいつも同じことを繰り返しちゃっている、というのは、潜在意識(無意識)にあるプログラムに逆らえないからなんですね。

こういった場合は、不要となったプログラムを書き換え、自分を癒し、満たすことを優先していきましょう。すると自分を優先にしているのに、子育てが楽になる、職場が楽しくなる、「健全に悩む」ことができるようになる、生きることが楽になります。

本来、自分が満たされていないのに、人に与えることはできないのです。与える余裕がないのに、誰かのためにと頑張るから、苦しくなってゆくのです。

こころのしくみに触れてみてください

私の願いは、浅くてもいいので『こころのしくみ』を多くの女性に知ってもらうことです。

あなたが満たされ幸せであることが、周りを大切にすることになり、その結果、幸せの循環が起こること、いつからでも希望を持って生きていけることをより多くの女性に知ってほしい。特にお子さんをお持ちのお母さんに、これからお母さんになる女性には是非、知って欲しいなと思います。

〜『一家にひとりセラピスト』が当たり前の世の中になったら、世界はきっと幸せになる〜

このビジョンのもと、一個人の思いですが、すべては誰かひとりの思いから・・・と信じて活動しています。ぜひ講座やワークショップなどに積極的にご参加いただき、こころのしくみに触れてみてください。

あなたには、あなた自身を幸せにする力があるのです。


PAGE TOP