本番も、もちろん大切だけど、それ以外の日常が大切なわけとは

 

私は、育ての親である、おばあちゃんによく言われた言葉があります

 

「家でやれてないことが、表で急にできるわけがない」

「家でやってることが、表で、出るんだよ」

 

もう耳にタコで、そのたびに私はこのように言ってました

 

 

 

「家でやれてないことが、外で急にできるわけがない」

たとえば、「玄関の靴を揃えなさい」と言われた時

「家では面倒でやらないだけで、よそのお家に行ったら、ちゃんとできるもん」

 

 

「家でやってることが、外で出るんだよ」

たとえば、「迷い箸」とかお箸の使い方で注意された時

「大丈夫、人前では気をつけてて、やらないから!」

 

 

私達は頭では、言われたことは理解しているんだけど

行動っていうのは習慣で、習慣というのは、無意識にやっている

ということなので、たとえ人前で気をつけていたとしても

その『気をつける』という意識から、一秒でも他へ向いた瞬間に

今までの習慣がヒョコッと行動にあらわれる

あるいは、意識を向けてた時にはできていたことは、できなくなります

 

 

ずーっと同じことを意識し続けるって、難しいですよね

ご飯を食べながら、次の仕事のことに意識が向いてたり

過去の出来事に意識が向いて、未来に不安を抱いたり、心配になったり

意識が常に同じところ、『いまココ』に定まらないことは

きっと、あなたも経験済みでしょう?^^

 

 

このことを祖母は私に口をすっぱくして

いろんなことを年中、私に教えてくれてました

昔から言われていること、というのは真理をついていますね^^

 

ってことで、今日のお題

『本番も、もちろん大切だけど、それ以外の日常が大切なわけ』

 

自分が人に教えている、言ってることを

日常でやれているのかどうか、要確認ですね!

 

たとえば、信頼関係を築くスキルについて

コミュニケーションを伝えている講師なら、講師をしていない時間に

カウンセラーやセラピストなら、カウンセリングをしていない時間に

(常に意識しろ、完璧であれ、と言っているわけではありません)

 

友人、家族の話しを『聴く』時

その人に身体を向け、目線を合わせることが自然とできていますか?

ってことです

 

 

親は、子どもに超!影響力あるでしょ?!

たとえば、「信号が黄色になったら、止まりなさい!」とか言いつつ

赤になる直前で走って渡っちゃうとか

片付けなさい!とか言いつつ

台所がごっちゃごちゃだったりとかね^^;

 

 

言ってる本人がそんな状態だとしたら

その台詞、まったく子ども達に響きませんからね^^

親の言うことってホント信用できない!って

あきれられるのがオチです^^;

 

 

自分が普段からできないことなら、言わないこと♪

というか、自分ができていないことに気づいてない

ことが多かったりすんですけどね^^;

 

なので、人につい言いたくなってしまうことがあるなら

それは、自分に必要なことかもしれない、と気づいてみましょう

 

いつもいつも、つい目についちゃう、口出ししちゃうことって

あなたへの何らかのメッセージかもしれません

その人が、あなたにお知らせしてくれているんです

 

私はよく目の前のパートナーにグチグチ言ってます^^;

そして、あ、私のことか?!と、思って笑っちゃいます^^

気づいたらOK!

 

必要なら、あなたが日常の習慣を変えてゆきましょう!

そうしたら、どんな本番がやってきても、無意識にうまくできちゃうから♪

 

 

お引越しなどでバタバタしてまったく仕事ができず…しばらくブログの更新ができませんでしたが、そのおかげ様で、和みのお手当てのモニター募集に合わせ、大阪に新しくサロンができました!まだまだ整っていませんが、ぜひ、ゆったりユルユルしに来てください♪

今日もモニターさまに緩みにきていただきました。ありがとうございます(^-^*)ノ

和みのお手当てモニターさま募集中⇒

 

 


◆ 和みのお手当て モニター募集中!2017年で終了です! 詳細はこちらから⇒
◆ あなたが38歳過ぎた女性なら・・・ 40代からのユルユル女性論ブログ⇒
◆ ワークシート 無料ダウンロード
イライラモヤモヤした時に、紙(神)に書き出してスッキリしてゆく『LPT自分コミュニケーションワークシート』を無料配布しています。利用方法なども詳しく説明しています→

このブログの読者になる!

メールアドレスを記入して登録すると、新しい投稿のお知らせをメールで受信できます。