不登校体験記 その1

 

不登校で悩んでるお母さん、とても多いですね

そんなお母さん達の気持ちが少しでもラクになれば

何か参考になればと思い、私の体験を何回かにわけて、綴ってみようと思います

私の息子は、中学2年生の時、不登校になりました

原因は、イジメとかではなかったのですが

さっぱりわからず・・・でした

あまり深く追求できなかったことを覚えています

中学2年といえば、勉強も難しくなってくる大切な時期

私は、なんとかして学校に向かわせようと

いろんなことをしました

会社にはフレックスを利用させてもらい

1時間遅く出社するようにして

朝、息子を起こしては、途中まで歩き

私は「行ってらっしゃい!」と、手を振って駅の方へ向かう

がしかし、彼は私の姿が見えなくなると・・・

来た道を戻り、家へ帰る日々( ̄▽ ̄;)

仕事が終わって、家の玄関のドアを開けた瞬間

「あぁ・・・今日も行けなかったんだな」

と直感でわかりました

というより、毎朝、駅まで向う途中

「今日も行けないかもしれないな・・・」

と心の中で思っていたんです

この時点で、最初から信じていなかったんですね

なのに、毎朝、叩き起こしては

一緒に玄関から出ていくことをただただ繰り返していました

他に何をしたらいいのか、何ができるのかまったくわからず

唯一、朝起こして、一緒に歩くことで

私は「とりあえず、やることはやっている」と

世間に向かって、言いたかった、思っていたかったのかもしれません

誰からも責められているわけではないのに・・・


◆ LINE@ 友だち追加 抽選イベント開催中です♪
下記ボタンか、「 @lcu4636c 」を友だち検索して追加してください。友だち追加

◆ ワークシート 無料ダウンロード
イライラモヤモヤした時に、紙(神)に書き出してスッキリしてゆく『LPT自分コミュニケーションワークシート』を無料配布しています。利用方法なども詳しく説明しています→

このブログの読者になる

メールアドレスを記入して登録すると、新しい投稿のお知らせをメールで受信できます。