ダメな母親だと責める前に、カラダを緩めて心のスペースを作ろう

子どもたちに笑顔で接したい

いつでも優しく接したい

ほとんどのお母さんは

本当は、こころの中で、そう思ってます

 

そうしたいと思ってるのに

気がつくと怒ってる

気がつくと口調が荒くなってる

時には聞えないふりしちゃったり

顔も見たくなかったり

そして後で、ごめんねって思うんだよね・・・

 

 

時には寝顔に涙を流しながら

さっきは、ごめんねって謝ってるよね

どうして、ついキツい口調になっちゃうのかな

怒りっぽくなっちゃうのかな

そんな風に自分を責めちゃうんだ

 

そんな時は、ちょっと振り返ってみて…

優しく接することができているとき

笑顔で対応できているとき

子どもを可愛いと思えるとき

その時の、あなたのこころの状態を思い出してみて…

きっと、こころにゆとりがあるよね

 

目の前の子どものやること、言ってることを

受け止められるだけのスペースがある

 

そう、つい・・・という時は

ゆとり(スペース)がないだけ

考えれば簡単なことなんだ

 

あなたのこころが冷たいとか

嫌な人間だからとか

ダメな母親だからとか

そういうことではないんだよ

ただ、こころのスペースを作ったらいいんだよ

 

何でいっぱいになっているのかな?

スペースをあけるには、どうすればいいかな?

 

そんな風に問いかけてみてね

 

朝出かける前の家事

仕事から帰ってきてからの家事

やることがいっぱい・・・

 

子どものこと、旦那さんのことばっかり

朝起きてから、夜寝るまでバタバタで

自分にかける時間なんてどこにもない

 

そのいつもやってることを

やらないと、どうなっちゃう?

 

何をガマンしてるの?

どうして頑張っちゃうの?

 

毎日、一年中、一生懸命やってるじゃない

 

1日くらいサボったって、どうってことないよ

1つくらい、やらなくたって、どうってことないよ

なんなら、3つくらいやめたって、どってことない

 

サボったって、あなたはダメな母親じゃないよ

サボったって、あなたはダメな妻じゃないよ

 

サボってる、と判断しているのは誰?

 

こころのスペースをあけて

あなたがホッとする時間を作ってみよう

ただ笑顔でいられる時間を作ってみよう

あなたのためだけに使える時間を作ってみよう

 

それは我儘じゃないんだよ

ガマンして独りで頑張ってキツキツになって

当たり散らしちゃう方が我儘ってもんです^^

 

力の抜き方を学ぼう

誰かのために、の前に

自分のために、を優先してみよう

 

本当は、どうしたいの?

何をやってみたい?何をやめたい?

どんな自分でいたい?

 

自分で自分に優しく触れて

カラダと心を同時に緩めて

心にスペースを作りにきませんか?

和みのヨーガペコサークルで自分にゆとりをプレゼントしてあげよう→