自分の人生をプログラムしてゆくために、主体的に生きるために必要なこと

 

なぜ私達は、このままではイヤだ、変わりたいと思いながら、なかなか変わることができないのでしょうか。

原因は、各個人のお悩みにより異なりますが、おおまかには、たとえば・・・

  • 勝負している:自分を変えることは、負けるような気がするから
  • 執着している:今までやってきたことが無駄だと思いたくないから
  • 恐れがある:知らない自分を見ること、相手にどう思われるか
  • 楽だから:実は、今まで通りの方が楽だから

などがあります。これらは意識しているわけではなく、ほぼ無意識にある二次利得※(下方に詳細あり)から、なかなか変われないのです。そして『こころの癖』なので、プログラム(潜在意識)の書き換えが必要になったりします。

 

 

腹が決まってないのに変わろうと頑張ると、逆にマイナスになることもある

 

以前、ご相談に来られた方(以下Yさん)が、カウンセリング中の私がメモしている(ご本人が出した言葉)シートを眺めながら、「あ・・・こうなのかもしれません」「あ・・・こうだったんですね」と、ご自身でどんどん気づかれてゆき、「では、どうしたいですか?何ができそうですか?」という私の質問に対して、「こうすればいいかな」「こうしてみます」 と答えを出して帰られ、早速実行されたそうです。

『腹の底から』現状を変えたいという思いが強い人ほど、『即、行動』にうつされます。

ですが、どんなカウンセリングやセラピーを受けても、セミナーや講座を受講しても、そこで得たことを実行しなかったり、答えを出し渋り(あやふやなままにし)、また他のセラピーや、セミナーに行っては、グルグル行動をする人がいます。そこには、強い『こころの癖』が働いているのです。

 

また、あちこちに行っていることが『行動』だと勘違いし、その場その場で、気分が高揚したり、わかった気になっているので、そこで安心している場合があります。ですが、現実は、ほぼ変わってゆきません。だから、また『見当違いな行動』をし続け、気づいたら、かなりシンドイ状況になることも・・・私も過去、自己啓発にハマった時、最後にはうつ状態になっていたという体験があります^^;

 

たとえば、原因不明の体調不良などで、ちょっと心配だけど、病院に行って万が一、大変な病気だったら?という怖さから、今、特に辛いこともないし・・・と放置する。でも気になるから、情報は拾ってまわり、見当違いのサプリを飲んでみたり、手軽にできる何かを代用してごまかしていたら、突然カラダに変化が起こり、救急車を呼ばなければならない自体になってしまった・・・という感じですね。

なので、切羽詰まって、もう動くしかない!というタイミングが来るまで、あるいは、本当に腹の底から変えてゆこうと決め、覚悟ができるまでは、へたに動かない方が良いのかもしれません。余計な知識でいっぱいになり、自分を責める材料を増やすだけになるかも。

 

現実世界が変わる時は、あなたが勇気を出した時

行動を変えてゆく、今までと違うことをするというのは、少なからず『勇気が必要』です。

何かを受けて気づきを得たり、その時テンションが上がっても行動できないとしたら、それは腹が決まってないということ。なぜなら『怖い』からなんです。失敗して痛みを感じたくないですもんね。変化が嫌いな脳の働きでもあります。

ですが、それ(怖いという感覚)は当たり前に誰もが持っているものだと前提にして、勇気を出して適切な行動をしてゆけば、現実は当たり前に変わってゆきます。

ここの適切な、というのは、たとえば今までとは真逆な言動だったりします。当たり前ですが・・・同じようなこと、似たようなことでは、同じ結果になるからですよね。

 

「今まで話しかけてこなかった相手が、話しかけてきて本当にビックリしました」

と、Yさんから、ご報告をいただきましたが、勇気を出して行動すると本当に、まるで相手が変わったかのような出来事が起こるのです。

Yさんは、自分を守ろうとして何重にも鎧を重ね着し、自分の中に閉じこもるしか手段がない、と思い込んでいたのですが、その鎧を一枚脱ぎ捨て、二枚目を脱ぎ捨て、『自分から』ハートをオープンにしてゆかれました。

自分を守ろうとしてガチガチに装備を固めていると、相手も自分を守ろうと、同じように身を固めてゆきます。人間関係において、互いにそのような状態では、わかり合うことはできませんよね。

もうこんなのはイヤだ、と思った人から、今までとは逆のこと、まったく違ったことをしてゆかれます。

行動を起こす、変わるということは、あなたが悪いから性格を変えるということではなく、ただ今までとは違った言動、違った選択をしてゆくということ。その時、少しの勇気が必要になるのです。

 

勇気とは、あなたが自分に体験を与えるだけのこと

あなたが一生懸命、自分を守ろうとして身にまとってきた鎧を脱いでみる体験をし、もう鎧はなくても安全なんだ、大丈夫なんだ、という体験を『自分で自分に与えてゆく』ということです。

多くの人は、あなたが変わりなさいよ、あなたが先に鎧を脱いでみなさいよ、そうしたら、私も脱いであげるわよと、相手を変えようとするか、相手が変わるのを待ちます。ですが、それは互いに思っていることなので、いつまでも平行線で益々、その道幅は離れてゆくばかり。決して交わることはありません。

これは、あなたがやれば、私もやる、といった他人軸でいる状態なのです。だから、苦しいんですよね。二度と会わない相手や、もう関わらないと決めた相手なら良いのですが、相手が身近な家族や職場、友人など、関係が持続する相手だから悩みになっているのです。

 

自らこころを開くことが、希望の扉を開くことになるのだと、私の実体験、そして多くの相談者さんの変化から確信しています。

プライドを捨てたり、負けることを選んでみたりして、今までと違う言動を選択し、実践するからこそ、現実は変化し、自信が持て、そしてラクになってゆく。未来へ益々希望を見出せるようになるのです。

それが勇気を出したあなたへのご褒美です。

自分のために勇気を出して行動し、その結果を体験してゆくこと。そして、その結果を受け入れる覚悟を持つこと。

これが自分の人生を自分でプログラムしてゆくこと、自分の人生を主体的に生きることだと私は感じています。

 

 

現状を変えてゆくには、望む自分を、未来を、手にしてゆくには、まず自分とのコミュニケーションで、自分を知ること、気づいてゆくこと、そしてちょっと違う言動を起こすための勇気を持つことです。

目的を明確にし、自分で自分の人生をプログラミングしてゆきましょう。だって、これは、あなたの人生なのだから。

 

次回予定は未定ですので、7月29日お時間の合う方は、ぜひ『自分コミュニケーション』から始めるこの講座にご参加ください↓

 

二次利得とは・・・

二次利得とは、マイナスな行動の裏には、肯定的な役割、メリットになることがあることを言います。たとえば、健康のためにあれこれダイエットを頑張るも、なかなか成果がでない、その裏には、実は食べている時にとても幸福感があったり、禁煙したいと思いつつ、つい次の一本に手を出してしまう裏には、リラックス感を感じたり、ストレス発散できるから、などです。

この二次利得が大きいほど、習慣を変えるのは難しくなりますが、二次利得が何なのかに気づいて、その代わりを見つけてゆけば、本来の目的を達成できます。上の例でいえば、別の幸福感、リラックスできること、ストレス発散できるものに変えてゆけばいいのです。

心理療法、暗示療法では、この二次利得を書き換えてゆくことが可能です。自分には、どんな二次利得があって、一歩進めないのかなど、お気軽にご相談ください→


◆ 和みのお手当て モニター募集中! 詳細はこちらから⇒
◆ あなたが40歳過ぎた女性なら・・・ 40代からのユルユル女性論ブログ⇒
◆ ワークシート 無料ダウンロード
イライラモヤモヤした時に、紙(神)に書き出してスッキリしてゆく『LPT自分コミュニケーションワークシート』を無料配布しています。利用方法なども詳しく説明しています→

このブログの読者になる!

メールアドレスを記入して登録すると、新しい投稿のお知らせをメールで受信できます。